日常のできごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ビニール傘

<<   作成日時 : 2016/02/03 10:11   >>

トラックバック 0 / コメント 1

娘が社会見学で路線バスに乗り、傘を置き忘れました。
出かけた先で急に降られたときに買った、200円のビニール傘。
水玉模様がついていて、案外、気に入って使ってましたが、もう壊れかけてました。
さあ、忘れてきた傘を取りに行くかどうか…

夕方、とりあえず、バスの営業所に電話すると、夜になったらバスが戻るから、それから確認しますとのこと。ちなみに、忘れ物はどこに取りに行くのかと尋ねてみると、思ったより遠い所(車で20〜30分くらい)に本社があった。
この時点で、ビニール傘、いらない〜と思っていたのですが、夜になって担任から連絡がありました。社会見学中の忘れ物だったからか、先生も営業所に連絡してくれて…ところが、担任は終点間際のバスを捕まえてくれたため、傘は終点の営業所で救済されたとの連絡でした。
…終点の営業所…スキー場近いし(--;)

もうほんとに傘いらないって思ったけど、物は大切にしなくちゃいけないとか、バス会社は忘れ物の傘が大量にたまっちゃってんだろうなとか、色々考えて、仕方がないので、もう一度バス会社に電話して、傘を本社の営業所に移動してくれないかとお願いしたら、快く承諾して頂き、結局週末とりにいきました。

傘を手にした娘が、第一声、
よかった(^^) と言ったので、やっぱり取りに行って良かったです。
娘の性格から想像すると、恐らく、忘れてきてしまったことをものすごくいけないことをしてしまったような気分でいたと思うので、その気持ちを和らげてあげることができたかなと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
それは良かった

東京に居た時、同じ寮の子が、放置した自転車が撤去された時に発した「新しいの買ってもらうからいいや」という言葉に大きな衝撃を覚えました。

娘ちゃんは自分の物も大事にできるし、きっと人の物も大事にできる大人になるね
まーちゃん
2016/02/04 09:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビニール傘 日常のできごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる